告訴状・内容証明・契約書のことなら元警察官で行政書士の勝本行政書士事務所にお問い合わせ下さい。

告訴状・告発状に特化した業界初の行政書士!!

本行政書士事務所

    〒181-0011  東京都三鷹市井口1丁目21番53号

    日本全国どちらの都道府県でもご依頼に応じます。
    営業時間(9:00~19:00 土日も可)

0422-26-1739

携帯

語呂 用に
080-9454-8739

お気軽にお問合せください

幣事務所の特徴

幣事務所の特徴

勝本行政書士事務所3つの特徴

豊富な実務経験!!

弊所の代表行政書士は、警察官として10年間勤務し、最優秀警察官として表彰された実績を持ちます。また警察官時代にはありとあらゆる事件に関わり、豊富な経験を有しています。

おおよそ市民法務に携わる法律家として一番身につけなければならない感覚は何か?と問われれば「常に依頼人の立場で物事を考ること」だと思います。

しかし、告訴状を警察署に提出するとなれば、それだけでは足りません。
告訴状を受理する警察官の気持ちを読み取らなければならないのです。ここに元警察官の強みがあると考えます。

また数多くの事案を経験しているからこそ、お伝えできるアドバイスがあるのではないかと思います。

迅速・適格な対応!!

警察官時代に何度も教え込まれた理念が「初動は警察の命」です。110番通報があれば、誰よりも先に現場に駆け付けることが人命救助・犯人逮捕・証拠の保存に繋がるからです。

この理念は弊所の柱になっています。
ご相談を受け、必要なら直ぐにでも行動します。

また全国どこの都道府県であってもご依頼があればお伺いします。

(原則 直接面談)
(例外 依頼内容によっては電話での受理も可能)
 

オーダーメイドの書類を作成します!!

現在インターネットで検索をかければ告訴状の雛形をみつけることができ、あなたの名前に差し替えれば、告訴状ができあがります。

いわゆる雛形を使ったこれらの方法を私は否定しません。否定はしませんが、本当にそれがあなたの言葉なのかどうか?気持ちをのせた告訴状なのでしょうか?
おそらく、告訴状を出すという行為は一生に一度あるか無いかの出来事だと思います。
その大切な意思表示を定型文で済ましてしまうことは悲しいことではないでしょうか。

私はできる限り、あなたから直接お話を伺い、あなたの想いのこもった書面を作成したいと考えます。

あるお客様が私にこんな言葉をかけてくださいました。「お話を聞いてもらい、それが文章になって読み聞かせを受けたとき、涙が出ました。それだけで救われた思いがしました。」
大量生産された定型文では無く、あなただけのオーダーメイドの想いをのせた文章を御作り致します。

お問合せはこちら

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。
まずはお気軽にご連絡ください。

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

0422-26-1739

受付時間:9:00~19:00(土日祝も可)

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

0422-26-1739

お気軽にお問合せ・ご相談ください。

代表プロフィール

代表 勝本賢作
資格

・ 行政書士
・ 宅地建物取引士
・ 教員免許
・ 剣道・合気道有段者

    親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。